同じ会社でずっと働くのが理想ですが、時に、諸事情で転職の転機は訪れるもの。でも、女性の転職は男性以上に厳しい。

女性にとって転職難の時代を勝ち抜く!

男性よりはるかに大変な女性の転職!!

社会人になって、最初に選んだ職場で、または職業で、定年までずっと働くこと―。これが終身雇用で、そうできれば、誰しも有難い事だと思います。
勤続年数で、昇給もし、出世もし、やがて定年を迎える・・・。それが理想ではあっても、現在は、あくまでも能力主義であったりとか、非正規雇用が多いとか、様々な会社の都合と、事情が重なり合ったり、働く人もまた、現状より、更に良い条件で請われれば、積極的に、転職を仕掛ける様な時代になっています。

ですから、転職する事については、ポジティブな活動である―。と、云うのが、おそらく多くの人の共通認識だと感じます。
活動はポジティブであっても、その本人が、女性か、男性かと云う事で、きっとその認識は、大きく変わると想像できます。
もし、明日から、あなたの上司に、どこか別の会社から抜かれた、自分より若い女性がなったとして、あなたは動揺しませんか。また、以前から、その職場で頑張っていらっしゃった、女性従業員の方は、その上司を快く受け入れられるでしょうか。女性が、自ら求めて転職をする場合、きっと男性よりも、はるかに大きな障害が待ち受けていることを覚悟する必要があるかもしれません。

仕事のプレッシャー以上に、人間関係の壁を超えて、信頼を勝ち取ると云うのは、本当にしんどいことで、相当に強い意志と、誰もが納得する実力が示せなければ、突破できないでしょう。パートさんが職を変えると云う事とは、レベルが違う話しですから、男性以上にアクティブであり、クールでなければ、自分が埋もれてしまう結果になるでしょう。女性の転職には、覚悟と突破力が必要だと思います。
自分は、女性ではないので、実際のところは解りませんけれどね・・・。

Copyright (C)2017女性にとって転職難の時代を勝ち抜く!.All rights reserved.