女性が結婚した際に転職を強いられた時、直面する人間関係についてどんな職場でも誠心誠意で接すること!

女性にとって転職難の時代を勝ち抜く!

結婚と女性の転職について

最近は結婚しても働く女性が多く、夫婦で共働きをしている家庭も多い。
しかし、独身の頃のように今まで通り正社員としてばりばり働く人もいれば結婚を機に転職をし、パートやアルバイトなどの短時間で働く人もいる。自分も結婚を機に今までの専門職を離れ、パートで今までとはまったく違った職種についているのだが、正直なところ接客業にはかわりはない。どの職種でもそうなのかもしれないがクライアントには常に笑顔で誠心誠意のこころで接することや、上司や職場の人間関係は転職したからといってそう大きく変化はない。たしかに職場によって人間関係が良かったり悪かったりはあるが、結局のところ先輩後輩の上下関係はついてくる。これは社会に出る前から中学校や高校、大学やアルバイトなどである程度培ってきた人間はいいが、人間関係をおろそかにしてきた人にとっては仕事もうまくいかないし、人間関係もうまくいくはずがない。転職し続けたって人として好かれる人でなければ仕事もやりづらいはずだ。。

しかし、みんなにいい顔ばかりしていると疲れてしまうから、職場の仲のいい人であったり職場以外の友人や恋人など支えてくれる人の存在が不可欠だ。周囲に支えられて生きていると常に思いながら生活していくことでありがたみを感じ、めいいっぱいの接し方で接していかなければならないと感じる。女性はとくに陰口であったり陰湿な人もたまにはいるので、そのような人の心まで変えていけるくらいの気持ちで仕事にものぞみたいものだ。

Copyright (C)2017女性にとって転職難の時代を勝ち抜く!.All rights reserved.