中小企業の場合、女性は転職しても、男性と違って昇給が少ないので、それほど給料が変わらないと思います。

女性にとって転職難の時代を勝ち抜く!

女性が転職するとき考えること

転職しようか、決心が付くまで色々と悩みますよね。次の職場がスグに見つかるかどうか、新しい環境になじめるか、そして給料は下がってしまうのかなど、先の見えない不安を思うと、なかなか踏み出せません。それは誰もが同じだと思います。
私は経験が何度かありますが、今挙げたうち最初の二つの不安は、運だと思うのです。

しかし最後の給料に関して言えば、転職前とそれほど大差が無いことのほうが多いと思います。
男性の場合は、役職等、勤続年数や評価によって、どんどん出世されて給料も上がっていくのでしょう。なので、転職した際の、給料の減額は家庭生活を脅かす可能性もあるので、より慎重にならざるを得ません。もちろん女性でも、今の職場で他の人に出来ない重要なポジションに付いていれば、待遇もそれなりに良いのでしょうから、転職したら下がる可能性は高いと思います。
大企業のように男女関係なく年々昇給する会社も同じです。

しかし中小企業同士間の女性の転職の場合、特に一般事務の中途採用に関しては、それほど差を感じません。数年先輩であろうが、新入社員とはあまあまり給料に違いがないのです。

それくらい女性は昇給しないということです。

なので、最初の求人に記載された給料が、今後長年働く条件となると思ったほうがよいでしょう。

給料さえ納得が出来れば、転職も一つの手だと思います。
人間関係が複雑に多様化する今の時代、少しでも自分が居易い環境を求めることも、認められても良いと思います。
人から見ればそれが甘えでも、自分にしか分からないことのほうが多いのです。

ならば自分だけでも自分を大切にしてあげましょう。

Copyright (C)2017女性にとって転職難の時代を勝ち抜く!.All rights reserved.